介護保険を利用する

介護サービス利用料金

介護保険サービス 自己負担

介護保険のサービスを利用したときは、原則として利用料の1割〜3割を支払います。自己負担が重くなったときや、所得の低い方は負担を軽減するしくみもあります。

介護サービスの利用料は、要介護度や時間により違っています。また、介護サービスの利用できる量の上限についても、要介護度ごとに決まっています。限度額を超えてサービスを利用した場合、超過分は全額自己負担になります。

●居宅サービスの支給限度基準額

要介護度 利用限度額 自己負担:1割 自己負担:2割 自己負担:3割
要支援1 50,030円 5,003円 10,006円 15,009円
要支援2 104,730円 10,473円 20,946円 31,419円
要介護1 166,920円 16,692円 33,384円 50,076円
要介護2 196,160円 19,616円 39,232円 58,848円
要介護3 269,310円 26,931円 53,862円 80,793円
要介護4 308,060円 30,806円 61,612円 92,418円
要介護5 360,650円 36,065円 72,130円 108,195円

 

下記サービスは、使用可能な限度額が個別に設けられているため、上記限度額に含まれません。

  • 特定福祉用具購入…年間10万円(自己負担1万円、2万円または3万円)
  • 居宅介護住宅改修…同一住宅で20万円(自己負担2万円、4万円または6万円)
  • 居宅療養管理指導…医師・歯科医師の場合は1ヶ月1万60円(自己負担1,006円、2,012円または3,018円)など

※施設に入所して利用するサービスは、上記限度額に含まれません。

★65歳以上の第1号被保険者で「一定以上の所得がある人」は、介護保険サービスを利用した際の自己負担割合が2割または3割になります。
また、「介護保険被保険者証」を持っている人で要介護(要支援)認定を受けた方に対し、自己負担割合証(1割〜3割)が記載された「介護保険負担割合証」も合わせて、発行されます。介護保険サービスを利用する際は、「介護保険被保険者証」の他に「介護保険負担割合証」が必要となりますので、忘れず提示して下さい。

 

施設サービスを利用した場合

介護保険施設を利用する場合、サービス利用者負担(1割〜3割)の他に、食費・滞在費(居住費)・日常生活費の全額が利用者負担となります。利用者負担は施設と利用者契約で決まりますが、水準となる基準費用額が定められています。

介護施設

【1日あたりの基準費用額】

介護老人福祉施設
〈居住費〉従来型個室:1,150円、多床室:840円、ユニット型個室:1,970円、ユニット型個室的多床室:1,640円
〈食費〉1,380円

介護老人保健施設・介護療養型医療施設
〈居住費〉従来型個室:1,640円、多床室:370円、ユニット型個室:1,970円、ユニット型個室的多床室:1,640円
〈食費〉1,380円